トップページ 椎茸のはなし 椎茸専門店「陽より子」 株式会社 武久 食ってなんだろう? ネットでお買い物
陽より子からのお知らせ
おすすめコンテンツ

椎茸のこと
意外と皆さんが知らない椎茸のこと。

料理
おいしく食べる秘訣があるんです。

料理
しいたけ屋4代目あととり娘
私今日からママになります

料理

料理

店長の景子です。

陽より子のこと


陽より子では日本の伝統食「椎茸」のおいしさ をたくさんの人に知っていただくことを目標に、いろいろな形で皆様に提案していこうと考えています。
また「食」をお届けする立場として、「食べる」ことの大事さ を考えてもらえたらとても嬉しいです。
そして、食べることでにこにこと毎日を送ってもらうためにもいい商品をお届けしていきたいと考えています。

 

店長のあいさつ

この度は椎茸専門店『陽より子(ひよりこ)』にご来店頂き誠にありがとうございます。
店長の武久景子(たけひさけいこ)です。(お客様には、「けいさん」と呼んでもらっています。)

「椎茸って本当はおいしいんだね。」
「料理に椎茸を入れるとなんだかおいしくなる!」
と、椎茸は本当においしくて、素晴らしい食べ物なんだということをお伝えするために、
そして、お腹も、体も喜ぶ商品をあなた様にお届けするためにスタッフと力を合わせてがんばっています。

私が、仕事をしている時、常に心の中で思っているのは
「体が喜ぶもの・体に良いもの・体が美味しいと感じる食材をお客様にお届けする」ということです。

これは私の曽祖父が祖父に、祖父が父に、そして父が私につないでいる思いです。

昔は、「椎茸」というのはとても高価なものだったそうです。

また、ダシにしたり、煮付けにしたり、スープにしたりでとても売れていました。
でも今は少し違います。
わざわざ大変な思いをしてダシを取らなくても、安くて、美味しいものが食べられます。
だからこそ私は、5年後、10年後の体のために、「食」をもっと大事にしてほしいと思います。
そして、「食」をお届けする立場として、「食べることの大事さ」を伝えることが私の使命だと思っています。

椎茸で困ったこと、わからないことがあるときはいつでも、
「店長けいさん」をお呼び出し下さい。
できるだけわかりやすい言葉と少しの筑後弁でご説明します。
武久 景子

 

店舗紹介


福岡の八女インター降りてすぐのところにログハウスがあります。
お店の名前は「陽より子(ひよりこ)」と言います。
おかげさまで、今年で丸22年です。
一歩中に入ると、椎茸だけでなく、昆布や、かつお、それに少し珍しいお菓子や、ご飯の素などが所狭しと置かれています。初めていらっしゃった方はお店にある商品をじっくり見て廻り必ずこの一言
「なんだかすごくおもしろいっ!」
私たちはその言葉を聞いてにんまりです。

そして次に聞かれるのが
「陽より子ってどういう意味ですか?」

この「陽より子」という言葉、実は、「乾椎茸」と深い関係があります。

乾椎茸は「雨子(あまこ)」と「日和子(ひよりこ)」と2種類に分けられます。
早春の温かな太陽の下で育つ「日和子(ひよりこ)」は色がよく肉厚で栄養満点!
食べるとすぐに元気に飛び跳ねてしまいそうな椎茸です。
それが「陽より子」の名前の由来なんです。
お越しになったお客様に「日和子(ひよりこ)」のような元気を届け、毎日を明るく過ごして頂きたいという想いがつまっています。
そして、雨が降ったり太陽が出たりする人生の中で、たとえ心が雨の日でも「ここにくれば元気がでる」と感じてもらえればこれほどの幸せはありません。

もちろんお店にはスタッフ太鼓判の体にいいもの、美味しいものをたくさん取り揃えております。
時には 「ここの商品が一番おいしいから買いに来ました。」というお客様とおいしい料理の話をし
時には「陽より子の商品しか子供が食べなくなってしまったから買いにきました。」というお客様とお子様の話で盛り上がります。本当にありがたいです。

まだいらっしゃっていないのならば、一度ぜひいらっしゃってみて下さい。
美味しいほうじ茶を入れてお待ちしております。

■ 選べる詰め合わせセットも取り揃えております。

※詰め合わせセットは店舗販売のみの商品です。※店舗販売商品とインターネット販売の商品は若干異なります。
 

アクセスMAP

営業時間
9:00〜18:00(日曜 定休日)

住所
福岡県筑後市長浜 1529

TEL
0942−53−2626
FAX
0942−53−2154

E-mail
info@kenko-shitake.jp

フリーダイヤル
0120−375−074

椎茸専門店の5つのこだわり